水災害から大切な資産を守るため。水のう型簡易膨張ダムシステム『タイガーダム』

環境への浸水対策事例

メキシコ湾オイル流出事故

事例の情報

メキシコ湾オイル流出事故2010年にメキシコ湾で発生したオイル流出事故。この時、湾岸線には大量の原油が漂着していました。その中でも貴重な湿地帯を自然環境破壊から守るため、沿岸部に全長約60kmにわたってタイガーダムが設置されました。強力なヘリカルアンカーを使用してタイガーダムを砂地に固定しており、ハリケーンの影響で打ち寄せる強い波にも耐えられるようになっています。これにより、波とともに押し寄せるオイルが湿地帯を汚染するのを防ぎました。

既に海外大手石油会社ではオイル流出対策にタイガーダムを採用しており、また、アメリカでは全ての石油備蓄基地に配備されるなど、環境対策商品として実績を残しています。

  • メキシコ湾オイル流出事故
  • メキシコ湾オイル流出事故
  • メキシコ湾オイル流出事故

このページの先頭へ