水のう「タイガーダム」とは

災害は、待ってくれない。
大切な資産を浸水から守るため、土のうから「水のう」へ。

インフラへの対策事例

従来の土のうや砂袋に換わる、水のう型浸水防止システム「タイガーダム」が、水害時の浸水対策時間を大幅に短縮。人々の危険を回避して、生命と財産を守ります。

水を注入されたチューブが水のうとなり、接続されることで大きなダムを形成。長さは15メートルから数キロメートルまで、高さは50cmから設置箇所に合わせて、多様な形・サイズが設定出来ます。仕様もいたってシンプル。簡単に接続し、組み立てる事が出来ます。

ポイント1:頑丈で施工性に優れた水のうシステム

タイガーダムは河川での流れを制限するために設計・開発された水のうシステム。だから、非常に頑丈で耐久性の高い製品となっています。

水を注入された個々のチューブが水のうとなり、接続されることで大きなダムを形成。工学的にも優れた形状となります。

ポイント2:注入/設置を迅速に行える、シンプルな仕様

シンプルな仕様で設計されたタイガーダム。簡単に接続し、積み上げる事ができます。

各チューブはエンジンポンプを使用して約10分で水を注入することが可能です。注入後のチューブは単体で約3トン。確実な安定性を生み出します。 また、取り扱いも使用者の負担を大きく軽減します。取り扱い人数は2~3人からを想定しており、使用後は乾燥・掃除の後に折り畳んでコンパクトに収納が可能です。

ポイント3:耐候性の高い素材により、長期間繰り返しの利用が可能

土のう袋よりも耐候性の高い素材を使用しており、繰り返しの使用が可能ではるかに長持ちします。修理・メンテナンスを容易に行える補修キットもご用意しております。
水を注入された個々のチューブが水のうとなり、接続されることで大きなダムを形成。工学的にも優れた形状となります。

水のう型簡易膨張ダム「タイガーダム」と土のうの比較

設置時間の短縮、必要量の圧縮、運搬コストの削減。
水害時に浸水対策の「時間」を短縮し、人々の危険を回避して「生命」と「財産」を守ります。

設置高さ約50cm・幅15mで比較すると…
※両設置方法ともに、2人で作業時の比較

  土のう(砂袋) 水のう型簡易膨張ダム
タイガーダム
必要数量 約300個 1本
注水(作製)時間 約3時間 約5分
合計設置時間 約10時間 約10分
施工性 設置には多くの人手と時間、そして大量の土のうが必要になります。
1~2人で取り扱うことが可能で、使用後は、乾燥、掃除の後、折りたたんで収納が可能です。
耐久性 土のうの寿命は早く、約1年。紫外線環境下では、わずか三ヶ月で穴空きが発生することも。
最高17年間(最大UV定格)再使用可能で、日光に当てない保管場所では、それ以上使用できるようデザインされています。
汎用性 長さは15メートルから数キロメートルまで、設置可能ですが、高さは約50cmまでの高さとなります。
長さは15メートルから数キロメートルまで、高さは約50cmから設置箇所に合わせて、多様な形やサイズが設定できます。

※上記比較は、タイガーダム及び土のう(高さ50cm/幅15m相当)を同条件(作業者2名)で設置した場合の想定値です。

※数値は国交省積算資料より当社算出による概算値です。

資料請求・お問い合わせ

水のう型簡易膨張ダムシステム「タイガーダム」については、タカミヤまでお問い合わせください。

台風、ゲリラ豪雨などによる浸水被害の程度に応じてご提案いたします。
タイガーダムは長さ、高さの調節が自在です。想定される水害の程度や現地の状況に応じて、適切なご提案をさせていただきます。
デモ設置も可能!作業の手順や浸水対策の性能を実物でご確認ください。
実物を使って、設置・注水・撤去の手順を一通りご確認いただけます。浸水対策をご検討であれば、ぜひ一度お問い合わせください。